HOME

埼玉・所沢市で、雑穀=つぶつぶと野菜がメインのおいしい料理をお伝えしています。ランチ会、料理教室、DVD上映会、セミナーを開催。 (つぶつぶ公式HPhttp://www.tsubutsubu.jp/ ミラクルキッチンHP http://miracle2013.jimdo.com/)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを引っ越し中です

現在ブログを引っ越し中です。
2013年8月~の記事は、
こちらでで見ることが出来ます。

是非、お立ち寄りください。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

「未来食サバイバルセミナー シーン1」をブログに書いてもらいました。

先月、6月30日に行った「未来食サバイバルセミナー シーン1」。

参加してくれたettunさんが、ご自分のブログに感想を書いてくれました。
ettunさんのブログはこちら>>>

わー、こんな風に感じてくれたんだ、と読んだ私も発見が沢山。
シーン1に興味がある方、ぜひ、のぞいてみてくださいね。
ettunさん、素敵な記事をありがとう。

家族みんなの食転換のすったもんだがつづられているこのブログ、他の記事もとっても面白いですよ!

シーン1
シーン1終了後にとった写真です。カメラマンはうちの息子。


今後のシーン1
日時:7月20日(土)9時から18時半(交流パーティ~21時)
    8月1日(木)

場所:つぶつぶセミナーホール(早稲田のつぶつぶカフェ2階)で行われます。
料金:33300円(パーティーは5000円)

講師は、三鷹のつぶつぶマザー、河井美香さん。
魅力いっぱいの美香さんについては、こちらの記事も見てみてください。
>>つぶつぶミラクルストーリー

早稲田でのシーン1はセミナー終了後交流パーティーがあります。こちらのお料理も絶品だし、また、参加者の方といろんなことをシェア出来るのもとっても魅力的です。何でつぶつぶを知ったのか、という話は、本当に人それぞれで、面白いです。

そして、ミラクルキッチンでも8月3日(土)にシーン1を開催します。
3万円、主婦にはなかなか出せないよ~といわれました

が、この3万円は、本当にお得です。心からそう思って、お勧めします。
1日のシーン1で得られるものは、本当に値段を超えた価値がありますよ。

自分のために投資する、ということが、どんなにすばらしいことか、分かってもらえると思います。
シーン1の体験があるのとないのとでは、それからの毎日の過ごし方が、全然違ってくると思います。
それが、1週間、一か月、一年、と続くことを考えると、思い立ったが吉日。是非早く受けて、キラキラの毎日を送ってほしいな、と思いますl

お問い合わせ、お申し込みは以下までどうぞ
miracle2013kitchen★gmail.com(★を@にかえてください)
090-7948-3347 たかはし

料理は遊び!!  甘酒こしあんとカボチャの練り切り

小豆粉と甘酒で作った餡と、カボチャのペーストで、こんなかわいいお菓子が出来ました。
何だか作っている時から楽しくて、まるで粘土細工しているみたいに遊んでいる気分。
子どもが粘土が好きなのがよく分かります。
簡単で、すぐに作れるお菓子も嬉しいけれど、ちょっとひと手間かけて、作る時間も食べる時間も楽しんでみるっていうのも、贅沢だよね。
本当に作るの、楽しかったです。

ねりきり

今日の感動! いいこと、嬉しいこと。

1.今日も日の出に間に合って目が覚めました。だんだんと明るくなっていく様子は何ともいえず、これを見られるのはとっても得した気分。

2.朝一で、とりあえずリビングとトイレを掃除。やっぱり何も出ていない空間が、すっきり、暑苦しくなく、快適。

3.朝から、とっかえひっかえ、家族全員分の布団を干し。短時間でも外に干すと、夜が気持ちいいんだよね。

4.今日もTO DO リストを作成。娘の習い事とか、学校のボランティアとか、細かい用事がありますが、おかげでしゃきしゃきこなせました。

5.暑いときには、アイスコーヒーが飲みたい! 玄米コーヒーのアイスもとってもおいしいです。豆乳もちょっと入れて、贅沢。

6.「ブログ見てるよ!」といわれました。ありがとう!!最近更新が滞り気味でしたが、また楽しく書いていきます。

7.この前おすそ分けしたおかずを、子どもが気に入って食べてたよ!と教えてもらいました。わー、よかった。子どもって正直だから、美味しいか美味しくないかの一番のバロメーター。

8.帰宅後の次女がお風呂プールを堪能。楽しそうだったよー。今日は水の中に51秒潜っていられたそうです。

9.手作り「リングパスタ」に挑戦。ゆであがりがちょっと硬い感じだったけど、美味しさは格別。ラタトゥユをかけて食べました。
リングパスタ

10.あまりに暑いので、夕飯のあとクーラーをつけました。やっぱり快適。ありがたいです。


本当は木々の間を通り抜けてくる風で涼をとりたいなあ。
海辺にデッキチェアを出して、涼みたいなあ。
手元に、タイのプーケットの写真があります。来夏こそはここにバカンスに行くぞ!

「ごはんの力」 メダカのがっこうさんからのメッセージ

「メダカのがっこう」さんのショールームに『ごはんの力』がならんでいるそうです。

つぶつぶの坂野さんのブログに「メダカのがっこう」主催の中村さんからのメッセージが載っています。
坂野さんのブログはこちら>>

転載しますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

念願の、おにぎりやさんで、「ごはんの力」が並んでいます!
それも、
「メダカのがっこう」さんのショールームです。ホントに嬉しいーーーー♪
メダカのがっこうのサイトはコチラ>>

早速、「メダカのがっこう」主宰の中村さんからのメッセージをご紹介します!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 私と同じことを考えている人がいる。
「ごはんの力」を読んだときのはじめの感想でした。

世の中では、ごはんはダイエットの敵、糖尿病の敵。食事指導ではいまだにごはんの量を減らす話ばかり。
 私と同じことを考えている人がいる。
「ごはんの力」を読んだときのはじめの感想でした。

世の中では、ごはんはダイエットの敵、糖尿病の敵。食事指導ではいまだにごはんの量を減らす話ばかり。

こんなに素晴らしい命の糧に対して目に余る扱いに、今年初め、「お米党宣言」をし、「お米を見直そう」というアピールをしていたところに、この本が出版され、頼もしい同志の出現と感じました。

 読んでみると、コメは、広く穀類の脱穀籾摺り後の粒を意味し、
光のエネルギーをいっぱい吸収した食物なのですね。あらためてコメを主食に選び、日本の国土の隅々まで浅くて平らな水田を切り開いてくれた先祖に感謝の念を深めました。

 ゆみこさんが雑穀に魅せられたように、私も田んぼに魅せられて久しいのですが、田んぼは地球上で最も富を増やしているところなのです。

一粒万倍のことわざがあるように、地球の外から来る太陽エネルギーと水を二酸化炭素だけで、一粒の種からたわわに実る稲穂を育てることができるのですから。

しかも、田んぼは地球の腸にあたり、ここでたくさんの生きものたちの命もつないできたすごいところなのです。

 ところが、田んぼは減るばかり。絶滅危惧種はメダカではなく農家なのです。

理由はいくつかあるのですが、その一つが日本人のお米離れ。日本人がお米を食べないと、田んぼは守れません。「ごはんの力」が繋ぐ縁を活かしたいと思っています。ではでは。

「メダカのがっこう3つの宣言」
1.私たちは、田んぼから瑞穂の国日本の自然再生をします。
2.私たちは、米中心の一汁一菜で日本人の心身を立て直し、食料自給力をつけます。
3.私たちは、命を大切にする農家と手をつなぎ、生きる環境と安全な食料に困らない
日本を次世代に残せるような先祖になります。



(ココまで)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

同じ方向を向いている方からの、このメッセージ。
力強くもあり、優しくもあり。
このメッセージに響いた方は、どんどんリンク・転送歓迎です♪

つぶつぶミラクルストーリー

今日は、つぶつぶミラクルストーリーをご紹介。

つぶつぶで人生がこんなに変わった、という話です。
「975gで生まれてきた息子」
このミラクルな体験談は、三鷹のつぶつぶマザー河井美香さんのお話です。

つぶつぶでのスタッフ歴も長い美香さんは、私にとっては、何を聞いても答えてくれる、頼れるお姉さん。
お料理の腕も抜群だし、そして何より漬物&発酵マイスター。
つぶつぶレシピの最新刊「おいしい!漬物料理術」のレシピ開発にも関わっています。

今ではそんなマイスターの美香さんが、なぜつぶつぶに出会ったのか?
とっても惹きこまれるエピソードです。
つぶつぶメルマガに掲載された美香さんのエピソードを転載します。

※※※下記、メールの転送です。転送・拡散、大歓迎です。※※※

こんにちは。

つぶつぶマザーの河井美香です。

7月20日と8月1日の未来食サバイバルセミナーScene1の講師は
わたしが担当することになりました。

つぶつぶグランマゆみこから
わたしのメッセージが届いていますが
読んでいただけましたか。


わたしからも、直接メッセージを届けたい!
わたしに起きた奇跡を、あなたに伝えたい!

と思い、今日から3回連続で
メッセージを送ることにしました。


今日は、わたしとつぶつぶとの出会いについて
聞いてください。


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.
 

結婚し、
あこがれのニューヨークで
大手企業のエリート社員の妻として
幸せな生活を送っていたはずのわたし。

でも、心はなぜか満たされなかったのです。

自分より上の暮らしをしている人や
良いものを持っている人がうらやましくて
寂しくて、毎日日本に電話をかけて
泣いていました。

子供ができないことも悩みの種でした。
そして、不妊治療を受けようかと思った直後
ようやく授かった子供が
まだ皮膚も形成されていない
妊娠7ヶ月で生まれるという現実に直面しました。

生まれてから、抱くこともできずに
集中治療室でバイプだらけの
小さな息子を
ただただ見ては泣き続ける毎日でした。

医者からは、6歳までが限界と言われ
失明の可能性などたくさんの問題を指摘されて
薬漬け、医者通いの日々が続いていました。

重症のアトピーも喘息も出ていたので
小麦、大豆の除去食もしていました。

夫は、家族は同じものを食べるべきという考えだったので
家族で除去食生活でした。

これが一生続くのかと
暗澹たる気持ちをなんとか晴らすべく
自然食情報なども集め始めました。

息子が3歳の頃に、ママ友が
「ゆみこさんのレシピはどれもおいしいよ」
とつぶつぶのことを教えてくれ、
その足で、つぶつぶカフェに向かいました。

息子とふたり無心でヒエのフリッター、
高キビハンバーグ、
もちアワ春巻きを
夢中で平らげました。

「なんておいしいんだろう!
肉も魚も卵もなしとは思えない
こくのある満足なおいしさ!」

小麦も味噌も入っているのに、
息子も全然体調を崩しませんでした。

そして、ショーケースに並ぶ
キラキラまぶしい
つぶつぶスイーツたち。

「こんなスイーツを息子に食べさせたい」と、
その日に未来食サバイバルスイーツセミナー
(現 未来食サバイバルセミナーScene2)に申し込みました。

セミナーでは、食べることだけではない、
くらしのこと、環境のこと、体のこと、
今まで誰も教えてくれなかったことを
ゆみこさんが熱い愛を込めて教えてくれました。

さらに、1升瓶片手に、醤油をジャーッと入れる
ゆみこさんの姿に無性に惹かれ(笑)、
「これで行こう」
そう思い、その日から、病院通いも薬も一切やめました。

以来13年、つぶつぶ料理を、毎日毎日、
ただただ楽しんでいたら、
息子は、どんどん元気になって行きました。

失明もせず、アトピー性皮膚炎完治。
10歳まで続いた喘息も克服。

何より、「6歳まで生きられない可能性がある」と
出生時に宣告されたにも関わらず、
誰よりも体力があって、
未熟児だと誰も信じないくらいのがっちり体質、
身長も高校1年生で170cmになりました。

カルシュウムとかタンパク質とか一切考えず、
食べて来ましたが、未来食つぶつぶが提案する
「穀物率80%」の食事で、まさかここまで育つとは、
正直、当のわたしもびっくりです。(笑)

思春期真っ只中ですが、驚くのが体臭が臭くないこと。
歯磨きをしないわりには虫歯がないこと。
失明の可能性があったにも関わらず視力がいいこと。

高校生なので、ノリでたまに、友達とコンビニで
買い食いすることもあるようです。

彼が自分でいろいろ経験して、
そして自分で気がつけばいいと見守っていましたが、
先日「外の食事にはうまいものはないな」
とつぶやいていました。

内向的だった性格も今ではどこへやら。
誰とでも話せるという特技を持ち、バンドを組んでライブに出たり、
体育祭で応援団をやったり、今はブラジルの打楽器に夢中で、
いつかブラジルに行くと、やりたいことを100%楽しんでいます。


思えば、あの日から13年。
何のガマンもいらないおいしい食生活「つぶつぶ」
に出会ったおかげで
風前の灯だった息子のいのちが
今、こんなにも輝いています。

目の前に起きた自分の不幸を嘆き、
息子の未来を心配して、
泣いてばかりいたわたしに起きた
この奇跡を伝えたい。

今、泣いている人がいたら、
「大丈夫だよ」と教えてあげたい。


そう思い、日々、熱い思いで
つぶつぶマザーとして活動しています。


     つぶつぶグランマ公認つぶつぶマザー
                  河井美香



PS.

当初は、息子に起きた奇跡にばかり意識が行っていましたが、
ふと気づいてみたら、わたし自身にも大きな奇跡が起きていました。
不安・不満体質から、安心・幸せ体質にすっかり
生まれ変わっていたのです。

次回は、わたしに起きた奇跡について
書きますね。

こんなにすばらしいおまけ付きのつぶつぶ生活、
はじめない手はありません。
チャンスは7月20日か8月1日、
わたしの話にピンと響いてくださったあなたに会えるのを
楽しみにしています。


===========================================================


このメルマガエピソード、第2回目と3回目もあります。
続きはこちらから。

>>河井美香さんのブログ
「東京・三鷹 雑穀料理 つぶつぶくらし」
2回目 「不安・不満体質から、安心・幸せ体質へ!」
3回目 「夢は世界一の主婦になること」




ミラクルキッチン スケジュール
2013年8月~のスケジュールは、以下のリンクより確認できます。 →8月9月 よろしくお願いします。
未来食サバイバルセミナー
離乳食いらずの楽チン子育て
天女入門セミナー
リンク
プロフィール

まんぼ

Author:まんぼ
高橋万帆 
㈱フウ未来生活研究所公認 つぶつぶ

つぶつぶに出会い、この世界の問題は全部つぶつぶで解決できる!と思いました。「食の基本はご飯とみそ汁」だから、毎日の食生活がとっても楽。おまけにつぶつぶ雑穀から生まれるバリエーション豊かな料理の数々に全く別の世界を見せられてワクワク。「おいしい×ヘルシー×楽しい×簡単×納得」のつぶつぶ料理、知らなきゃ絶対損!です。

まじめで正義感が強くて、いつも問題を難しく考えてしまう私に、そんなに戦わなくてもみんなニコニコの平和な世界が作れるよ、ってことを教えてくれたのもつぶつぶです。どんどん自分の価値観が覆されて、かたい頭と体と心がほぐれていくのが、またまた楽しみ。
愛しのダーリンと中3taro、中1nako、小3namiの5人家族。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。