HOME   »  放射能のこと(所沢)
Category | 放射能のこと(所沢)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所沢での給食検査に関する署名

子どもの未来を育む会・所沢で給食検査の継続実施をお願いする署名を集めています。
是非、ご協力くださいね。
育む会のページ http://ameblo.jp/kodomonomiraiwohagukumu/page-1.html#main
スポンサーサイト

所沢市内 小・中学校の測定

ようやく、小中学校も測定してもらえることになりました。

中学校は、測定日翌日に、測定結果のお手紙が来ました。概ね0.1μsv/h以下でしたが、側溝などは地上1㎝で0.106,0.104など。一か所、地上1㎝が0.162 1mが0.219の場所がありました。数日後息子の個人面談があったので、どんな場所か見てきましたが、草がかなりの高さで茂っている場所です。
その日はたまたま雨だったのですが、体育館の雨どいからの雨水が地上に流れ出ているところもありました。そこは測定地点ではなかったのですが、測ったら高そうだなあ。前もって、学校の中をよく見て、測定希望地点をお願いしておけばよかったと後悔しました。でも、機会があったら絶対測ってほしい、と学校にお手紙を出しました。

小学校は、まだ結果が保護者に知らされていません。早く知らせてほしいです。
こちらもお手紙を書きました。

子どもの未来を育む会 所沢

子どもの未来を育む会・所沢のイベントなど

1.小金井食品測定所見学
12月16日(金)14時~ 小金井の測定所の見学に行きます。
チェルノブイリ事故以来、ずっと測定を続けてきた場所です。測定や運営の方法、その他もろもろを伺えたらな、と思っています。

2.育む会・定例会
12月17日(土)13時半から 松井公民館学習室2号
今年最後の定例会です。来年に向けてパワーアップして臨むために、集まりましょう。
会としては、食品測定器購入の件(市への要望他)、来年の活動、会の運営体制など話したいと思います。また、皆さんのお子さんが通う保育園、学校の測定結果はどうだったでしょうか?最近気になっていることはありますか?色々お聞かせください。

1.2.とも出席される方、kodomomiraitokorozawa@gmail.comまでご連絡お願いします。

さよなら原発 in 所沢

3日(土)、さよなら原発in所沢の交流会に行ってきました。色々な団体や個人の方30名以上が集まりました。
ここ所沢で、どのように脱原発の流れを作っていくことができるのか、とても前向きな話し合いでした。今まで団体や個人でどのような取り組みをしてきたか、という紹介もあり、所沢にこんな活動をしている人がいるんだ、と驚きもたくさんでした。細かな考え方やアピールの方法は異なるかもしれませんが、子どもたちが安心して暮らせる社会を目指すという点において同じ方向を向いて一生懸命考えている方がこんなにたくさん所沢にいる、ということを知ることができただけでも、とても大きな収穫でした。

脱原発、を唱えると、とかく政治色をつけられてしまったり、イデオロギーと結びついてしまったり、という風潮があります。でもあの震災と原発の事故の後、私たちはいやがおうにもこのことを正面から考えないといけないんですよね。私としては「原発反対」という主張よりも、より新しい生活スタイルを探していくという方向で、たくさん楽しいものを見つけていきたいと思います。「つぶつぶ」はその第一歩かな。いろんな制度や経済の仕組みに頼りすぎずいかに依存を少なくして生きていけるか、ということが大きなテーマですが、まずは「食べる」ところから”なんでも自分で作れる!”を目指していきたいです。

給食のこと

娘たちの小学校は自校給食。学校の栄養教諭の先生に時間を取ってもらい、お話してきました。
校長先生、栄養教諭の先生、私、それから他に保護者の方2名。
所沢の給食は教育委員会の保健給食課から、仕入れ業者に、子どものためなので産地に気を付けてください、とお願いが出ているそうです。
牛肉に関しては、BSE関連で個体識別番号によって追跡調査ができるようになっていて、夏休み前までに3回使用したとのことですが、すべて事故前の食材だったということです。こういうことを聞けると、とっても安心します。
夏以降、魚類は海域に注意しながら発注していくとのこと。サンマは12月までは冷凍物で対応できるので大丈夫、とのことでした。
ただ、収穫期を迎える秋以降の対応は、状況を見ながら、とのことです。

こちらからは、2点お願いしました。
安全な食材の調達は難しいかもしれないけれど、メニューよりも安全を優先してほしい。個人的には給食はもっと粗食でよいと思っています。
現在の暫定基準値は高すぎるので、せめて子どもの基準値を定めてもらえるよう先生方も声を上げてほしい。

こういうことを機会に、給食も「粗食のすすめ」の幕内秀夫先生が提唱するような、和食、粗食路線になればいいのに、と思います。
学校の養護教諭の先生、栄養士の先生、など子どもの健康に関わる仕事をされている方々に、頑張ってほしいと思います。
ミラクルキッチン スケジュール
2013年8月~のスケジュールは、以下のリンクより確認できます。 →8月9月 よろしくお願いします。
未来食サバイバルセミナー
離乳食いらずの楽チン子育て
天女入門セミナー
リンク
プロフィール

まんぼ

Author:まんぼ
高橋万帆 
㈱フウ未来生活研究所公認 つぶつぶ

つぶつぶに出会い、この世界の問題は全部つぶつぶで解決できる!と思いました。「食の基本はご飯とみそ汁」だから、毎日の食生活がとっても楽。おまけにつぶつぶ雑穀から生まれるバリエーション豊かな料理の数々に全く別の世界を見せられてワクワク。「おいしい×ヘルシー×楽しい×簡単×納得」のつぶつぶ料理、知らなきゃ絶対損!です。

まじめで正義感が強くて、いつも問題を難しく考えてしまう私に、そんなに戦わなくてもみんなニコニコの平和な世界が作れるよ、ってことを教えてくれたのもつぶつぶです。どんどん自分の価値観が覆されて、かたい頭と体と心がほぐれていくのが、またまた楽しみ。
愛しのダーリンと中3taro、中1nako、小3namiの5人家族。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。