HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ミラクルキッチン スケジュール  »  ミラクルキッチンってどんなところ?~参加者のみなさんの声 その1~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクルキッチンってどんなところ?~参加者のみなさんの声 その1~

「作って食べる会」に参加してもらっている方に、ミラクルキッチンについて聞いてみました。
あー、こんな風に感じてくれていたんだ、と私も新鮮な驚きがいっぱい。私がつぶつぶに出会って目の前がパーッと広がったこの感動を、これからもお伝えしたい!と思っています。

ettsunさんいつも3歳のお子さんと一緒に参加してくれています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私がつぶつぶに出会ったのは、震災後一年近く経ってからです。その頃は、放射能汚染でタンパク源をどうするかを、毎日悩みながら料理をしていました。 

そんな時、同じ悩みを持っている知人から料理教室を教えてもらいました。転送してもらったメール文を読んで、マクロビの知識もないまま、とにかく参加。実際作って食べた時の不思議な感動は、今でも忘れられません。
つぶつぶは、従来の健康食品という枠を飛び越えて、身体に直接訴えてくる味。自分が、というより身体がまた食べたいと思う食でした。

タンパク質やその他の栄養を深く考えなくてもいい上に、誰でも作れて、おいしくて、自分の家のキッチンが輝いて見えるほど(笑)楽しく作れるのも、すごく魅力的です。
そして続けるうちに、不思議と砂糖を食べたいと思わなくなりました。
いろいろな意味で、本当に身体にあった食なんだ、と実感しています。P.N. ettsun
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ettsunさん、一番最初にいらした時から、つぶつぶの美味しさにぴぴっときてくれたようです。ご自身のブログにとても素敵な感想を書いてくださって、ちょっとそこからも引用・・・(http://nemurerutsuki.at.webry.info/201302/article_1.htmll)


出来上がったものを見て、匂いをかいで、食べて…
こ・れ・だ!と確信しました。

これは、作って食べてみると、こんな文章よりもすんなり納得できると思いますが、本当に、体のことを考えて、というレベルではないです。
体が食べたい、本当に欲しているものって、空腹でも脳が邪魔してなかなか見えてこなかったりして、ふつうそこで、余計なお菓子とか食べちゃうんですけれど、
そこを、本来忘れてしまっている感覚を呼び覚ましてくれるような。そんな食です。

頂いたつぶつぶレシピの裏側には、これを押さえれば大丈夫、というポイントがいくつか書かれていました。
その中から、直接食と関係ないじゃん、と思われるかもしれませんが、個人的にとても共感した部分を抜粋させていただくと、

自分を信じること
宇宙を信じること

震災が起きて原発事故で…
ネットではあの世この世、様々な世界陰謀諸説入り乱れた内容も見てきましたが、
それらすべて解決してしまう言葉。
感覚で生きてきた私は、心のアンテナもしっかり立てていこう!ともう一度感じさせてもらいました。


私から!
ettsunさんは、とても感性が素晴らしく、余計な先入観がない方なんだなあと思います。
私もつぶつぶと出会ったときに「おいしい」とは思いましたが、そのころはまだ「正しい食事」というのが頭にあったため、体が喜ぶ感覚とか、自分を信じる、宇宙を信じるということに思いを馳せることは出来ませんでした。つぶつぶを始めたばかりの私は、「一日にこれだけの栄養素を摂りなさい」という現代栄養学の指針から、「つぶつぶ」のレシピへと鞍替えしただけのようなものでした。つぶつぶの極意、自分の中にしっかりと芯をもつこと。宇宙を100%信頼して自分を明け渡すこと。これが最初からすんなりと分かるなんて、なんて素敵なんだろうと思い、私も学ぶところがいっぱいです。いったん宇宙ルールの料理の法則が身に着いたら、その柔らかな感性で、どんどんオリジナルなつぶつぶ料理が出来そうですね。


マリマムさん
料理、いえいえ家事全般が苦手な私。
それが、ミラクルキッチンという絶好の機会にめぐり逢い、シンプルな調理方法にただただ脱帽!
これまでは、食事の支度もかなり憂鬱でしたが、『穀物8割』の考え方でずいぶん楽になりました。
さらに、数年前からその美味しさに触れながらも、全く実践できていなかったつぶつぶ雑穀とふれあうことができるようになりました。
主人や子供たちにも、つぶつぶのおいしさを楽しんでもらえるよう、試行錯誤しながら続けていきたいと思います。
新しいお料理との出会いが、待ち遠しいです!
マリマム (40才代)

私から!
お料理苦手!と言いながらも、家で色々作って試してくれているようです。苦手!と思っているからなのか、逆に“自己流”という余計な先入観がないので、どんどん腕を上げること間違いなし。彼女がいると、料理をしながらも洗い物がどんどん片付いていき、その手際の良さにびっくり。細やかな心配りが素晴らしいので、これがきっとお料理にも活かされるはず。ありがとう。



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ミラクルキッチン スケジュール
2013年8月~のスケジュールは、以下のリンクより確認できます。 →8月9月 よろしくお願いします。
未来食サバイバルセミナー
離乳食いらずの楽チン子育て
天女入門セミナー
リンク
プロフィール

まんぼ

Author:まんぼ
高橋万帆 
㈱フウ未来生活研究所公認 つぶつぶ

つぶつぶに出会い、この世界の問題は全部つぶつぶで解決できる!と思いました。「食の基本はご飯とみそ汁」だから、毎日の食生活がとっても楽。おまけにつぶつぶ雑穀から生まれるバリエーション豊かな料理の数々に全く別の世界を見せられてワクワク。「おいしい×ヘルシー×楽しい×簡単×納得」のつぶつぶ料理、知らなきゃ絶対損!です。

まじめで正義感が強くて、いつも問題を難しく考えてしまう私に、そんなに戦わなくてもみんなニコニコの平和な世界が作れるよ、ってことを教えてくれたのもつぶつぶです。どんどん自分の価値観が覆されて、かたい頭と体と心がほぐれていくのが、またまた楽しみ。
愛しのダーリンと中3taro、中1nako、小3namiの5人家族。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。