HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ミラクルキッチン スケジュール  »  ミラクルキッチンってどんなところ?~参加者の皆さんの声 その2~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクルキッチンってどんなところ?~参加者の皆さんの声 その2~

皆さんの声シリーズ、第2弾です。
今回は、ミラクルキッチンに来てくれて、そのままどんどん勢いがついて、先月未来食サバイバルセミナー「シーン1」まで受講したK.M.さんにお聞きしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもが1歳の頃、全身に広がり始めたアトピーを見て、治すための方法を探るうちに食事について考え始めました。

保湿用のクリームなども5種類も6種類も買い換えては試しを繰り返していましたが、天然の成分以外のものが少しでも入っていると見ている傍から悪化するということにも驚いていました。

そのような中、普段の食事を変えるというハードルは高かったのですが、思い切って卵と乳製品の除去に踏み切ったところ、翌日から子どもの肌がするすると変わり始め、半年ほど悩まされたアトピーはあっけなく1週間ほどで消え、艶やかな赤ちゃんの肌に戻っていきました。

その頃、授乳中でホルモンバランスが変化していたためか、今までアレルギーを感じたことが一切なかった私も、腕の一部に子どもと全く同じようにアトピーが広がり悩まされていたのですが、乳製品と卵を除いた子どもと同じ食事をしたのみで全く同じ経過を辿りながら治り体の不思議さ、素直さを強く感じました。今思い返せば、子どものアトピーは、ほとんど私が食べたものの影響だったのではないかと思い反省しています。

乳製品や動物性のたんぱくが、少なくとも体の小さな赤ちゃんや体調に変化を感じている大人には問題があるかもしれない、と確信をした出来事になりました。

その後、子どものアトピーが治ってからは以前の食事にゆるやかに戻すことに努力をしていました。そのような中、お友達に誘って貰ったからと何の予備知識もなく料理の幅が広がるとよいかなと気軽な気持ちで高橋さんの教室に参加いたしました。お料理教室にはこれまで参加したことがなく、教室に通うものではなく自分で日々身につけるものと頑なに信じていたところもありましたので、知らず知らずのうちにありきたりの料理の中に幅を狭めていたのですね。

参加した初日にまず雑穀がそれぞれに分かれていることにびっくり(五穀米しかしりませんでした)。和洋問わない調理後のバリエーションにも驚きましたが、伝統製法の調味料の味を舌で確かめたり、斬れ味のよい包丁の気持ち良さを知ったり、自分では到底考えつかないレシピの数々に目からウロコの連続でした。

そして、実際に食べてみると、体に染み込むように美味しい!
食事をして美味しい時に「体が喜ぶ」という表現をすることがありますが、舌先だけではない美味しさは、お料理教室に参加しなければ気が付けなかったことだと思います。

参加したその日に食材を揃えて帰り、晩から我が家の食卓はガラリと変化、今思い出しても我ながらこんなにスピードを持って取り組めたことは他になかったかもしれません。毎日3食のことなので体で理解するとてき面なのですね。

一般的に卵は乳製品を除いた食事のことを「除去食」と表現しますが、常々この言葉に違和感を持っていました。保育園やサークルなど行く先々で説明を求められた時に、何となく相手に無理強いをしているような、子どもに対し過度な配慮を求めてしまっているような申し訳ない気持ちになっていたのですが、乳製品や卵を使わずにとても美味しい料理がシンプルに調理できることを知ったからか、霧が晴れたように話している傍から伝わるようになってきたなと感じています。

腹に落とし込む、腑に落ちるという言葉がありますが、まさにご飯を食べて納得、文字通りで面白いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私から!
最初からつぶつぶの美味しさに感動してもらい、どんどん家で実践。
気になったことには、どんどん足を運んでみるという彼女のフットワークの軽さで、ここ半年の間にすごく沢山の発見、気づきを経験したみたいで、私もびっくりするような報告を次々としてくれてとても嬉しいです。

「お料理教室にはこれまで参加したことがなく、教室に通うものではなく自分で日々身につけるものと頑なに信じていたところもありましたので・・・」そうそう、そういう感覚、私にもありました。でも、目の前で料理しているのを見ると、イメージがしやすくなって、家に帰っても同じリズムを再現で来て、手際も味もグーンとアップします。お料理って何となく誰でも出来る、という感じがあるので、あえてお金を出して習わなくてもいいじゃんって感覚があると思うけれど、最近、家族の毎日の食事を担う人が、みんなの健康のためにきちんと料理を習うってとっても大事、と改めて思っています。おまけに、今の日本の食生活は伝統的なスタイルからかなり変わってきてしまって、おばあちゃんの味、というのも本当に昔から伝わってきた味なのか分からないところがありますよね。
そして・・・日々身につけるものとはいっても、食全体の大きなビジョンとルールをふまえて、実践していくのとしないのとでは、身に付くものが全然違うのです。

彼女は2月に「未来食つぶつぶサバイバルセミナー」も受講してくれたので、今後ますます、バージョンアップしますね!(シーン1受講の感想は、また別途書いてもらいました。お楽しみに。)

お子さんのアトピーの体験は、本当に貴重。アトピーって現代の色々な矛盾をとても分かりやすい形で教えてくれるんだと思います。外に出てくる肌の症状というのは、どの人にも分かりやすいですものね。食だけがすべての鍵ではないと思いますが、大事な要素であることは間違いなし。体の不調でお薬を常用している方には、是非食事も見直してみて!とお勧めしたいです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ミラクルキッチン スケジュール
2013年8月~のスケジュールは、以下のリンクより確認できます。 →8月9月 よろしくお願いします。
未来食サバイバルセミナー
離乳食いらずの楽チン子育て
天女入門セミナー
リンク
プロフィール

まんぼ

Author:まんぼ
高橋万帆 
㈱フウ未来生活研究所公認 つぶつぶ

つぶつぶに出会い、この世界の問題は全部つぶつぶで解決できる!と思いました。「食の基本はご飯とみそ汁」だから、毎日の食生活がとっても楽。おまけにつぶつぶ雑穀から生まれるバリエーション豊かな料理の数々に全く別の世界を見せられてワクワク。「おいしい×ヘルシー×楽しい×簡単×納得」のつぶつぶ料理、知らなきゃ絶対損!です。

まじめで正義感が強くて、いつも問題を難しく考えてしまう私に、そんなに戦わなくてもみんなニコニコの平和な世界が作れるよ、ってことを教えてくれたのもつぶつぶです。どんどん自分の価値観が覆されて、かたい頭と体と心がほぐれていくのが、またまた楽しみ。
愛しのダーリンと中3taro、中1nako、小3namiの5人家族。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。