HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  放射能のこと(所沢)  »  所沢市の測定結果をどう見るか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所沢市の測定結果をどう見るか?

所沢市が9日(木)測定した、市内10か所の空気線量計測結果が発表されました。
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/moshimo/bohanbosai/higasinihondaisinsai/hosyasen/katais_20110609095655815/index.html

この結果を見て、近隣の市町村とさほど変わりはないのかな、と安心しました。ただ、この結果のみを見て子どもたちの屋外活動に対して無制限に安全といえるのかどうか、疑問が残りました。測定機器も私の乏しい知識の限りでも、ガンマ線のみしか測れないものです。年間被爆放射線量の限度1msvはアルファ、ガンマ、ベータ線すべて合算してのものだということです。ガンマ線のみを測って1msvを超えませんでした、と言っても、あまり意味がないような気がします。

Sさんが、測定機器の会社と、測定業者に以下の問い合わせをしてくれました。回答を見るに、やはり土壌調査をはじめとする、よりきめ細かい調査が必要ではないかと思われます。


所沢市測定結果への問い合わせ(2011年6月15日)
所沢市のホームページの測定結果みました。
測定機器:日立アロカメディカル製TCS-171(シンチレーションサーベイメーター)
測定業者:日本環境調査研究所
とありましたので問い合わせしてみました。
長いのですが、いくつか質問と回答がありましたので要約してお伝えします。

日立アロカメディカル社から
質問:埼玉県所沢市の測定で御社のアロカメディカル製TCS-171を使用とありました。
測定できる線種と5cm,50cm,100cmの測定に対応する機種なのか教えてください。
回答:アロカメディカル製TCS171はガンマ線のみ計測できます。
空間線量値をはかるのに適した機種で、5cm、50cm、100cmの計測に適しているかどうかですが、測定される方に使用方法等の指導はしていません。

日本環境調査研究所 東京営業所
質問:埼玉県所沢市の測定でアロカメディカル製TCS-171を使用とありました。
測定できる線種と5cm,50cm,100cmの測定に対応する機種なのか教えてください。
回答:TCS-171ではガンマ線(しかもセシウム137のみ)の計測しかできません。
しかし日本では原発事故以前から空間線量の計測ではシンチレーション式を採用しており、空間線量を測るためには通常、物質(この場合は体)を透過する力の強いガンマ線を測ることになっています。その場所でどれくらい被曝するか(空間線量)を測るためには通常ガンマ線(セシウム137)を計測することになっています。

質問:子供の内部被曝を心配する保護者が多い中、放射性物質の降下値を計測するには、TCS-171は適当だと思いますか?また発表された数値の安全性を測る基準はありますか?
回答:主に計測される放射線線量はガンマ線(電磁波)とベーター線(電子などの粒子)がありますが、シンチレーション式ではベーター線は測れません。5cm,50cm,100cmのガンマ線測定という事では地上に近くなれば放射性物質からの放射線により数値は高くなっています。埼玉県の計測場所の高さを考慮すると所沢市の値は埼玉県の公表数値と同等と考えられます。安全性については原発事故後の日本基準値も世界基準に近づいて考えられるようになってきています。しかし、世界基準も国ごとに違うので安全と断定することはできかねます。

質問:子供の内部被曝を考えると降下したチリやホコリなどに付着する放射性物質の呼吸による内部被曝が心配されますが、その測定に適した機種はありますか?
また個人として公表数値を計算し基準を考える目安となるような方法はないのですか?
回答:GM式でガンマ線、ベーター線が計測出来、表面がどのくらい汚染されているかを計測することができます。しかし放射線が何回入ったかという数で測定されるため、人体への影響を考慮したシーベルトという単位に置き換えるのが難しい。年齢や水、食物の摂取量、呼吸量がさまざまで放射線各種についても違いがあり、また計測状況の違いもあり、すべてを考慮して正確にシーベルトとして計測値を出すのは大変むずかしいのです。空間線量と内部被曝の値は別の検出方法なので、同一に考えることは正確にはできません。しかし変換式はあります。
*ここでいう単位変換は、Bq/Kg、Bq/?→Sv/h
ホコリやチリなどの影響を調べるのであれば土壌の成分分析が必要になると考えます。また埼玉県では原発事故以前からの放射能汚染数値のデーターがあると思います。(全国の都道府県で長年測定されているようです。)今のベクレルなどの数値を以前のものと比較検証できますのでそれが基準となると思います。

結果、埼玉県保健医療部に問い合わせ、原発事故以前の資料を入手するのがいいとおもいました。近日中に問い合わせてみようと思っています。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ミラクルキッチン スケジュール
2013年8月~のスケジュールは、以下のリンクより確認できます。 →8月9月 よろしくお願いします。
未来食サバイバルセミナー
離乳食いらずの楽チン子育て
天女入門セミナー
リンク
プロフィール

まんぼ

Author:まんぼ
高橋万帆 
㈱フウ未来生活研究所公認 つぶつぶ

つぶつぶに出会い、この世界の問題は全部つぶつぶで解決できる!と思いました。「食の基本はご飯とみそ汁」だから、毎日の食生活がとっても楽。おまけにつぶつぶ雑穀から生まれるバリエーション豊かな料理の数々に全く別の世界を見せられてワクワク。「おいしい×ヘルシー×楽しい×簡単×納得」のつぶつぶ料理、知らなきゃ絶対損!です。

まじめで正義感が強くて、いつも問題を難しく考えてしまう私に、そんなに戦わなくてもみんなニコニコの平和な世界が作れるよ、ってことを教えてくれたのもつぶつぶです。どんどん自分の価値観が覆されて、かたい頭と体と心がほぐれていくのが、またまた楽しみ。
愛しのダーリンと中3taro、中1nako、小3namiの5人家族。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。